ミハエラと申します。現在は茨城県つくば市に住んでおり、ルーマニア語/英語を教えます。また翻訳・通訳の依頼もお受けいたします。


by Mihaela_Romania

なぜほとんどの日本人がお酒が飲めないの??

  今日は翻訳の仕事でワインについて調べることになった。ワイン飲酒の色々な面が気になっていたので、ネットで検索したら、こんなのが出てきました。

・”飲める””飲めない”は生まれつきのもの 
少量の酒でも顔が赤くなり、動悸や頭痛がする人がいます。このような人では、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドを速やかに分解する酵素のはたらきが、生まれつき低いのです。そのため、すこしお酒を飲んでも血液のアセトアルデヒド濃度が高くなります。アセトアルデヒドは、アルコールそのものよりはるかに毒注が強く、皮膚の血管を拡張して顔面を紅潮させるだけでなく、いわゆる悪酔いの原因となります。

・イッキ飲み飲酒の無理強いは要注意
 日本人の約半数は、アセトアルデヒドの分解がうまくいかない人たちです。顔がまっ赤になっても、多少は飲酒可能な人もいますが、全くお酒を受けつけない人もいます。いわゆるイッキ飲みや、飲酒の無理強いによって、急性アルコール中毒をおこす危険があるので注意が必要です。
 
 私も普段飲まない人ですが、どっちかというと、たぶん「飲めない」タイプかも。でもワインはグラスで2杯ぐらいは飲めるとおもうよ!
[PR]
by mihaela_romania | 2010-02-12 06:39 | 日々のつぶやき