ミハエラと申します。現在は茨城県つくば市に住んでおり、ルーマニア語/英語を教えます。また翻訳・通訳の依頼もお受けいたします。


by Mihaela_Romania

参考文献

キーワード:初対面

1.【既読】林河運(2008)「日韓初対面会話の質問による話題導入の対照研究-ポライトネスの観点から」『現代社会文化研究』41,新潟大学大学院現代社会文化研究科149-166

2.【取寄中】奥山洋子(2005)「話題導入における日韓のポライトネス・ストラテジー比較-日本と韓国の大学生初対面会話資料を中心に」『社会言語科学』8,69-81

3.【既読】中井陽子(2003)「初対面日本語会話の話題開始部/終了部において用いられる言語的要素」『早稲田大学日本語研究教育センタ-紀要』16,早稲田大学日本語研究教育センター71-95

4.【取寄中】中井陽子(2002)「初対面母語話者/非母語話者による日本語会話の話題開始部で用いられる疑問表現と会話の理解・印象の関係--フォロ-アップ・インタビュ-をもとに」『群馬大学留学生センタ-論集』2,群馬大学留学生センタ-23-38

5.【既読】三牧陽子(1999)「初対面会話における話題選択スキーマとストラテジー-大学生会話の分析」『日本語教育』103,日本語教育学会49-58

6.【既読】宇佐美まゆみ(1998)「初対面二者間会話における「ディスコース・ポライトネス」」『ヒューマンコミュニケーション研究』26,日本コミュニケ-ション学会49-61

7.【未読】宇佐美 まゆみ(1996)「初対面二者間会話における話題導入頻度と対話相手の年齢・社会的地位・性の関係について」『ことば』17,現代日本語研究会44-57

8.【既読】」楊虹(2005)「日本語母語場面の会話に見られる話題開始表現『人間文化論叢』8,お茶の水女子大学327-336

9.【未読】 西田司(1996)「初対面30分間の話題にみる日米の自己開示」『国際関係研究 国際文化編』17,日本大学国際関係学部国際関係研究所39-55

10.【既読】吉田睦(2008)「中上級日本語学習者と母語話者の談話展開 : 会話進行に伴う情報要求表現に着目して」『筑波応用言語学研究』15,139-152

11.【既読】張瑜珊(2006)「台日女子大生による初対面会話の対照分析 : 初対面会話フレ-ムの提案を目指して」『人間文化論叢』9,お茶の水女子大学 223-233

12.【既読】中井陽子(2006)「会話のフロア-における言語的/非言語的な参加態度の示し方--初対面の日本語の母語話者/非母語話者による4者間の会話の分析」『講座日本語教育』42,早稲田大学日本語研究教育センタ-25-41

13.【既読】中井陽子(2006)「日本語の会話における言語的/非言語的な参加態度の示し方-- 初対面の母語話者/非母語話者による4者間の会話の分析」『中村明教授退職記念号』『早稲田大学日本語教育研究センタ-紀要』19,79-98

14.【取寄中】ホンミンピョ(2006)「日韓両国人の言語行動の違い(2)初対面の言語行動の日韓比較」『日本語学』25,明治書院82-89

15.【既読】西田司・中山伸一・Duronto M.Particia・Nishida Tsukasa・Nakayama Shinichi・ニシダツカサ・ナカヤマシンイチ (2005)「日本に於ける日本人の初対面の人々とのコミュニケ-ションに関する研究」『図書館情報メディア研究』2,「図書館情報メディア研究」編集委員会1-12

16.【未読】木林理恵・Xie Yun(2004)「「意見を言う」談話に関する一考察--初対面2者間会話における談話例を中心に」『外国語教育研究』7,外国語教育学会49-64

17.【取寄中】金珍娥(2003)「"turn-takingシステム"から"turn-exchangingシステム"へ--韓国語と日本語における談話構造:初対面二者間の会話を中心に」『朝鮮学報』187,朝鮮学会47-82

18.【未読】三牧陽子(2002)「待遇レベル管理からみた日本語母語話者間のポライトネス表示--初対面会話における「社会的規範」と「個人のストラテジー」を中心に」『社会言語科学』5,社会言語科学会56-74

19.【既読】町田佳世子(2002)「初対面の会話における発話の重なりの効果」『北海道東海大学紀要』15,北海道東海大学189-210

20.【既読】小川一美(2000)「初対面場面における二者間の発話量のつりあいと会話者および会話に対する印象の関係」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要』47,名古屋大学173-183

21.【未読】末田美香子(2000)「初対面場面における不同意表明と調整のストラテジ-」『日本語教育論集』16,国立国語研究所日本語教育センタ-23-46

22.【未読】窪田彩子(2000)「日本語学習者の相づちの習得-日本人との初対面における会話資料を基に」『南山日本語教育』7,76-114

23.【取寄中】宇佐美まゆみ(1993)「初対面2者間会話における会話のストラテジ-の分析--対話相手に応じた使い分けという観点から」『学苑』647,昭和女子大学近代文化研究所37-47

24.【取寄中】宇佐美まゆみ(1993)「初対面の二者間の会話の構造と話者による会話のストラテジ- : 話者間の力関係による相違--日本語の場合」『ヒュ-マンコミュニケ-ション研究』 21,日本コミュニケ-ション学会25-40

25.【取寄中】西郡仁朗 (1997)「外国人と日本人の初対面会話の分析-数量的に見た特徴と印象の形成について」『日本人の談話行動のスクリプト・ストラテジ-の研究とマルチメディア教材の試作 平成7年度~8年度文部科学省科学研究費基盤研究(C)(2)研究成果報告書』 58-74

26.【取寄中】西郡仁朗・宇佐美まゆみ(1996)「外国人と日本人の初対面会話の分析-相手への印象に影響を及ぼす要因」『日本語教育学会1996秋季大会予稿集』,202-07

27.【取寄中】宇佐美まゆみ・西郡仁朗 (1996)「日本人の初対面二者間会話の分析-外国人と日本人のコミュニケ-ション教育のための基礎研究」『日本語教育学会1996 年度秋期大会予稿集』,196-201


キーワード:話題

28.【
取寄中】宇佐美まゆみ・嶺田明美(1995)「対話相手に応じた話題導入の仕方とその展開パタ-ン:話者間の力関係による相違--日本語の場合」『日本語学・日本語教育論集』2,名古屋学院留学生別科130-145 

29.【取寄中】加藤好崇 (2006)「接触場面における文体・話題の社会言語規範」『東海大学留学生教育センタ-紀要』25, 1-18

30.【取寄中】加藤好崇 (2006)「日本国内と中国国内における日本語接触場面:話題の規範について」『第7回国際日本研究・日本語教育シンポジウム予稿集』,香港中文大学114-19

31.【取寄中】熊谷智子・石井恵理子 (2005)「会話における話題の選択-若年層を中心とする日本人と韓国人への調査から-」『社会言語科学』8, 93-105



キーワード:接触場面

32.【未読】フェアブラザー・L. C. (2002)「相手言語接触場面における日本語母語話者の規範適用メカニズム 接触場面における言語管理プロセスについて(Ⅱ)」『社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書』38,1-12

33.【未読】ファン・ S. K. (1999)「非母語話者同士の日本語会話における言語問題」『社会言語科学』2-1, 37-48

34.【未読】ファン・S. K. (2002)「対象者の内省を調査する(1)フォロ-アップ・インタビュー」『言語研究の方法:言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために 』,くろしお出版87-96

35.【未読】ファン・ S. K. (2006)「接触場面のタイポロジーと接触場面研究の課題」『日本語教育の新たな文脈-学習環境 接触場面 コミュニケ-ションの多様性-』,アルク120−41

36.【未読】鎌田修 (2003)「接触場面の教材化」『接触場面と日本語教育 ネウストプニーのインパクト』, 明治書院353−69

37.【未読】加藤好崇(2005)「接触場面における社会言語的行動規定(規範)」『第15回社会言語科

学会大会予稿集』206-209

38.【未読】加藤好崇 (2006) 「接触場面における規範の考察」『高見澤孟先生古希記念論文集』,高見澤孟先生古希記念論集編集委員会48-58

39.【未読】泉子・Kメイナード(1994)「日米会話におけるテーマ転換のストラテジー」『会話分析』,くろしお出版139-151

40.【未読】高民定 (2003)「接触場面におけるカテゴリー化と権力」『接触場面と日本語教育-ネウストプニーのインパクト』,明治書院59-68

41.【未読】高民定 (2006)「文法能力の規範についての一考察-接触場面の受け身の生成を中心に」『多文化共生社会における言語管理接触場面の言語管理研究』4, 91-102

42.【未読】Marriott(2003)『接触場面と日本語教育-ネウストプニーのインパクト』,明治書院113-42

43.【未読】村岡英裕 (2004)「フォローアップ・インタビューにおける質問と応答」『接触場面の言語管理研究』3, 209-226

キーワード:会話分析理論

44.【未読】山崎敬一・鈴木栄幸・小山慎哉・葛岡英明(1999)「 特集;ディスコ-ス研究の射程で 会話分析とテクノロジ-分析-エスノメソドロジ-とディスコ-スの研究」『言語』

45.【既読】橋内武(2003)『ディスコース-談話の織りなす世界』くろしお出版

46.【未読】泉子・K・メイナ-ド(1997)『談話分析の可能性-理論・方法・日本語の表現性』くろしお出版

47.【既読】ネストプニ-・ J. V.・宮崎里司 (2002)『言語研究の方法-言語学・日本語学・日本語教育学に携わる人のために』くろしお出版

48.【既読】滝浦真人(2008)『ポライトネス入門』研究社

49.【既読】佐藤慎司(2008)『文化、ことば、教育』明石書店

50.【未読】鈴木聡志(2007)『ディスコ-ス分析-ことばの織りなす世界を読み解く』新曜社

51.【既読】マイケル・マッカ-シー(1995)『語学教師のための談話分析』大修館書店

52.【既読】メイナ-ド(1993)『日英語対照研究シリーズ2 会話分析』くろしお出版

53.【未読】大原由美子(2007)『日本語ディスコ-スへの多様なアプローチ-会話分析・談話分析・クリティカル談話分析』凡人社

54.【未読】掘口純子(1997) 『日本語教育と会話分析 Japanese Conversation by Learners and Nat』くろしお出版

55.【未読】前田泰樹(2007)『エスノメソドロジ--人びとの実践から学ぶ』新曜社

55.【未読】佐藤郁哉(2008)『質的デ-タ分析法-原理・方法・実践 (単行本)』新曜社

56.【未読】Grice・H .P. (1975) Logic and Conversation. In C. P., & J. L. Morgan (Eds.), Syntax andsemantics 3 : Speech acts,New York: Academic 41-58

57.【未読】Nekvapil,・J. & Neustupný,・J. V. (2005) Politeness in the Czech Republic: Distance,Levels of Expression, Management and Intercultural Contact. In L. Hickey, & M.Stewart (Eds.), Politeness in Europe,Multilingual Matters Ltd 247-62
[PR]
by Mihaela_Romania | 2011-09-16 02:11 | LIMBA JAPONEZA